お客様の声ブログ
リンク集

2014年02月15日

ボーダー理論はパチンコホールに踊らされてるだけ

パチンコホールは
出玉や大当たり、確率までもホールコンピュータで管理してます。

売上を確保し、その中から大当たりがある
これが大原則

その方法
稼動状態によって確率を変動させるプログラム
文献番号2001-120009
要約:
【課題】遊技機の稼動状態に偏りが生じないようにする。
【解決手段】遊技機管理装置1000は、遊技機島を構成する遊技機群のそれぞれの遊技機3000が稼動状態にあるか否かを検出し、稼動状態にある遊技機台数に応じて大当り確率を変更させる<ための情報を各遊技機3000に送信し、これを受信した各遊技機3000の主制御部200は、受信した情報に基づいて大当り確率を変更する。


かなり端折って解説しますが・・・
稼働が低ければ低確率稼働
稼動が高ければ高確率稼働




遊技者に知られることなく営業時間内に設定変更を行う
文献番号2005-251381
【課題】 遊技者に知られることなく営業時間内に設定変更を行うことを可能とする。
【解決手段】 管理装置HCは、前記複数の遊技機にそれぞれ対応する複数の設定値を予め記憶する設定値記憶部と、予め定められた時間間隔で又は予め定められた時刻に前記設定値記憶部の前記複数の設定値と前記複数の遊技機の対応関係をランダムに入れ替える設定値割当処理部と、前記設定値割当処理部で入れ替えた対応関係に基づき前記複数の設定値をそれぞれ対応する前記複数の遊技機へ送信する設定値変更処理部と、を備える。一定のタイミングで予め定められた配分の設定値を島の各遊技機にランダムに割り当てる。島単位の設定配分を変えることなく、営業時間内に各遊技機の設定値を変更することができる。


目標とする売上に到達した時、
還元予算を放出する為に高確率状態にし当たりやすい状態にする。
還元予算消化間際で低確率状態にし当たりにくくする。


補足
前者をメインにしているホールは時間計測しにくい
後者をメインにしているホールは時間計測しやすい

証拠

特許庁のホームページ
http://www.jpo.go.jp/index/tokkyo.html

出願相談・検索サービス

特許電子図書館をクリック

特許・実用新案検索 クリック

特許・実用新案文献番号索引照会
文献番号欄に各項目の文献番号をそのままペーストして
照会をクリックしてください

「リスト」クリック

左側に出た文献番号をクリックすると詳細が閲覧できます。


こういう事実がある以上
ボーダー理論実践はホールに躍らされているだけです。

実際5万〜10万使って2万3万の儲けです。
ここ何年もボーダーに合致する台は殆どないので
儲からない時が多い。

打ち子軍団は胴元が儲かってるだけです。
朝から晩まで打って打ち子の日給は1万円
時給にして約800円
ホールスタッフの時給が1000円以上ですね。
8時間超えれば残業代出るし。
他のアルバイトでも時給1000円なら結構あります。

さらに・・・
日にあたらないのでうつ病になりやすいです。
健康に良くないです。

差額が胴元の利益
2万として100人いれば1日200万円
現在ホールから追い出しを食らってます。

こういう軍団のリーダーは
パチプロというより
人をまとめる力があるんでしょうね。
これは素晴らしいと思います。

ボーダー理論の長時間実践は
少なくとも一般人の実践スタイルではありません。

若い頃聞いた事あります
1流の仕事人は時間内に予定以上の仕事を終わらす。
2流の仕事人は時間内に予定の仕事を終わらす。
3流の仕事人は残業して予定の仕事を終わらす。
4流の仕事人は残業しても予定の仕事が終わらない。

1流ほど生産性の高い仕事をする
という事です。

パチンコも一緒ですよ。
短時間で沢山稼ぐ



回せば当たる・回る台で打つと当たる
有り得ません。



パチンコ攻略の本音 公開中
日曜日まで某ブログで公開してますので
ご興味ある方は無料メルマガご登録して
ブログURL入手されてください。
突撃!攻略クラブ無料メルマガ
簡単登録空メール送信



知らず知らずに心身を蝕む
ボーダー理論の害

Powered by
パチンコ情報本気で勝ちに行く
posted by ヨシ at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 本気で勝ちに行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック